スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


河村名古屋市長 応援団長に俳優の菅原文太さん(毎日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長の支援団体「ネットワーク河村市長」の応援団長に、俳優の菅原文太さんが5日、就任した。同団体は、市議会解散を求める署名活動の準備を本格化させており、菅原さんは活動のシンボル役を務める。

 河村市長や同団体は、市民税10%減税や議会改革などの施策案が市議会で修正・否決されたことに反発。議会解散のための署名活動を担う「受任者」を5000人集める方針。しかし、現時点で集まったのは1200〜1300人。菅原さんの応援で活動に弾みをつけたい考えだ。

 河村市長によると、2人は約4年前に別の選挙応援で出会って以来の友人。河村市長の条例案が市議会で否決される様子などをテレビで見たという菅原さんは「真の議会制民主主義の戦い。日本の議員の在り方を改革してもらいたい」と市長を激励した。河村市長は「ありがたいきわみ。政治不信を名古屋から変えていく」と話した。【高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋市長:議会解散受任者募集で「はがき百万枚配る」
河村たかし市長:リコール陣頭指揮 議会対決一段と先鋭化
河村名古屋市長:リコール運動不調でも辞任せず
名古屋市長:自転車で町へ 議会リコールの受任者募る
河村市長:民主党県連に市議が直訴「反党的な行為がある」

邦人死刑通告 中国首相に懸念表明 菅副総理「厳しい判断」(産経新聞)
与謝野元財務相 新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ(毎日新聞)
政党機関紙配布 旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決(毎日新聞)
首相、あす滋賀県入り(時事通信)
民主党 参院選候補者擁立めぐり小沢氏に地元反発も(毎日新聞)

12万5000台リコール=ダイハツ(時事通信)

 ダイハツ工業は31日、かじ取り装置や動力伝達装置などに不具合があるとして、軽乗用車と小型車計約12万5000台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
 2007年2月〜08年12月製造の軽乗用車「タント」「ムーヴラテ」計11万4358台は、ハンドルと車軸を結ぶ部品のボルトが緩み、正常なハンドル操作ができなくなる恐れがある。
 トヨタ自動車にOEM(相手先ブランドによる生産)供給している2008年2月〜12月製造の小型車「タウンエース」「ライトエース」計1万1131台は、自動変速機のオイルクーラー部分からオイルが漏れて走行できなくなったり、後輪緩衝装置の取り付け部が外れたりする恐れがある。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
「グローバル品質特別委」が初会合=リコール問題を検証
世界生産、トヨタ8割増=7社がプラス
来春採用、回復鈍く=業績底打ちも増加は2割弱
07年にマットに絡む事故警告=トヨタ、販売店に通知

【法廷から】親らしい姿、最後までなく 2歳長男虐待死(産経新聞)
郵政改革「最終案」で首相、閣僚懇で調整(読売新聞)
コウノトリ 卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡(毎日新聞)
強姦致傷被告に懲役21年、裁判員「涙が出た」(読売新聞)
殺人 鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州(毎日新聞)

首相動静(3月31日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

井手元会長ら3人強制起訴へ=検察審査会が議決−JR福知山線脱線事故・神戸(時事通信)
<英国大使館別荘>栃木県へ譲渡 アーネスト・サトウが建設(毎日新聞)
<落とし物横領>現金抜き取りの元警官に有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
亀井氏が前田日明氏への出馬要請認める(スポーツ報知)
福岡でも和解勧告=全国2件目−B型肝炎訴訟(時事通信)

首相元秘書「間違いありません」=検察側、禁固2年求刑−偽装献金事件・東京地裁(時事通信)

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金事件で、政治資金規正法違反罪に問われた元公設第1秘書勝場啓二被告(59)の初公判が29日、東京地裁(平木正洋裁判長)であり、勝場被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は禁固2年を求刑し、公判は即日結審した。
 検察側は冒頭陳述で、勝場被告が2002年ごろ、鳩山家の側近に東京事務所の財政難を訴え、側近が母親と相談した結果、母親が毎月1500万円を、自由に使える資金として援助することが決まったと指摘。
 勝場被告は収支報告書の作成時に、まず支出総額を決めた上で、それに見合う収入額を設定。足りない分は過去に寄付した人や、手元にあった名簿や名刺の名を無断で使用して水増ししていたとした。
 事件では、芳賀大輔元政策秘書(55)=現在は私設秘書=が会計責任者としての重大な過失があったとして略式起訴され、鳩山氏は嫌疑不十分で不起訴とされた。 

【関連ニュース】
鳩山首相元秘書、29日に初公判=起訴内容認め、即日結審へ
北教組事件の起訴「極めて遺憾」=文科相
北教組事件で2人起訴=民主・小林議員は辞職否定
可視化法案、今国会見送り=提出は来年以降

<iPS細胞>疾患には逆効果?脳梗塞マウス、移植後に腫瘍(毎日新聞)
<シー・シェパード>抗議船船長の拘置延長(毎日新聞)
公明 神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)
「スーパー特区」検討、枝野氏が橋下知事に表明(読売新聞)
<通天閣ロボ>大阪PR「どこでも行くで」(毎日新聞)

全日本プロレスの西村が国民新党から参院選出馬へ(スポーツ報知)

 全日本プロレスの西村修(38)が21日、今夏の参院選に国民新党からの出馬を希望し、最終調整に入っていることを明らかにした。この日、全日本の両国国技館大会に出場した西村は、試合後にリング上でマイクを握ると「長年の夢を実現するため、しばらくリングを離れる。ある先生にも相談しています」と語った。

 西村によると、98年にガン宣告を受けて療養、2000年に復帰した経験が1つのきっかけだったという。「そもそもプロレスは世の中のためという気持ちがなければできないが、その気持ちが一層強くなり、政治への志が芽生えた」という。

 国民新党には共鳴する点が多く、現在は出馬の希望を伝え、党側に預けている状態。22日の記者会見で自身の内面を説明する。23日に公認や選挙区を含めた党の結論が出る見込みという。

 西村は東京都出身。独自の世界観「無我」の体現者として存在感を放ってきた。全日本には07年から所属。映画「いかレスラー」に主演したことも話題になった。06年には慶大通信教育課程文学部哲学科専攻に入学した。

 ◆西村 修(にしむら・おさむ)1971年9月23日、東京都生まれ。38歳。91年、新日本プロレスでデビュー。フリーを経て06年、藤波辰爾らとともに「無我ワールド」旗揚げ。07年から全日本所属。独自のスタイル「西村ワールド」で、IWGPタッグなどのタイトルも手にした。得意技はコブラツイスト、エルボースマッシュ、倒立など。186センチ、105キロ。

 【関連記事】
吉田1年後に柔道指導者OK…プロ格からの転向短縮
「MAP」が朝青に協力求ム…新プロレス団体設立
プロレスラー・木戸修の娘・愛が「桃子2世」目指す!
馳議員、朝青龍にプロレス観戦のすすめ
全日本プロレス 西村修 国民新党 を調べる

政倫審へ小林議員 招致を自公が要請(産経新聞)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
<経費二重計上>政治資金と政調費に 岐阜県議2人(毎日新聞)
前田日明氏、今度は国民新党からの出馬を検討 参院東京選挙区(産経新聞)
【ITエクスプレス】自転車用GPSナビが人気(産経新聞)

岩手知事、生方問題でマスコミ批判「異常な取り上げ方だ」(産経新聞)

 民主党籍を持つ岩手県の達増拓也知事は24日の記者会見で、執行部を批判したとして一時解任された生方幸夫副幹事長をめぐる民主党内のゴタゴタについて、「新聞、テレビでの取り上げ方が異常で驚いている。日本の情報空間のゆがみを感じた」と述べ、この問題を重視するマスコミ各社の対応を批判した。

 最近、「ツイッター」をやり始め、メディアを介さない情報発信にも強い関心を抱いているとされる達増知事の発言だけに、注目を集めそうだ。

 達増知事は「10人くらいいる副幹事長のうち1人の人事。今までなら週刊誌の真ん中あたり、写真の入らないところで取り上げられていたような内容だ」と述べ、問題は政界の小さなゴシップにすぎないとの見方を強調した。

 達増知事はさらに「『これも小沢(一郎)幹事長の独裁・強権の証拠だ』というような、一種、鬼の首を取ったような大騒ぎで、異常な報道ぶりだと思った」と指摘。「だが、(23日に生方氏と会った際の)小沢幹事長は鬼でなく仏のようにテレビに映った」との感想を述べた。

 また、達増知事は新聞読者やテレビ視聴者の減少傾向にも触れ、生方氏に関する報道について、「情報空間のゆがみといっても、国民全体からすれば大したことでなく局所的なところでゆがんでいるだけかもしれないと思った」と述べ、新聞やテレビの影響力は必ずしも大きくないとの見方を明らかにした。

 「副幹事長解任など民主党内の反応の方が異常だから、大きな報道につながったのではないか」という記者の問いかけに対し、達増知事は「どんな組織でもサブの役職の人が直属上司を批判するなら、職を辞してすべきという議論はありうる。政党でも同じ論理が成り立つ」との見方を示した。

 さらに、生方氏の言動に対しても、「感想的なことなら外に対して自由に言ってもいいが、上の人に『辞めろ』というなら、内部で話し合うべきだ」と疑問を呈した。

【関連記事】
説明なければ抗議の辞任も 小沢氏の資金問題で民主・生方副幹事長
「執行部は国民に謝罪を」 解任撤回で民主・生方氏
小林氏の辞職拒否 トップ2人を見習ったか
雨降って地固まらず ドタバタ民主、生方氏の解任撤回
生方氏の解任撤回 小沢氏も支持率低下、世論の批判にたえられず
あれから、15年 地下鉄サリン事件

自民、小林氏の議員辞職勧告決議案提出へ(読売新聞)
定年前出向で新人枠…国家公務員の退職方針案(読売新聞)
+Plusがドラマ「新撰組PEACE MAKER」の主題歌リリース
狩野探幽の雲龍図と判明=京都・興正寺の掛け軸(時事通信)
久保が勝ち2勝2敗=将棋棋王戦(時事通信)

野焼きに巻き込まれ3人死亡…東富士演習場(読売新聞)

 20日午前、静岡県御殿場市の陸上自衛隊東富士演習場で、野焼きの火が燃え広がり、作業をしていた地元の住民3人が巻き込まれて死亡した。

 御殿場市・小山町の消防本部によると、3人はいずれも男性で、全身にやけどを負って病院に運ばれたが、死亡が確認された。御殿場署などで身元の確認を急いでいる。

 消防本部には、午前10時35分頃、「演習場で野焼き作業中、人が火に巻き込まれた」と通報があった。

 東富士演習場ではこの時期、住民らが参加して害虫駆除や山火事の防止などを目的に、野焼きが行われているという。

月1回投与の骨粗鬆症治療剤のフェーズ3試験を開始(医療介護CBニュース)
東アジア共同体 5月末にまとめ 首相が指示(毎日新聞)
市長もニコニコ「日光仮面」着ぐるみ完成(読売新聞)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(1)今も消えぬ悪夢(産経新聞)
国分寺の殺人事件、男6人を逮捕監禁容疑で逮捕(読売新聞)

CO2が20分の1、過熱水蒸気式ごみ処理システム開発(産経新聞)

 財団法人「関西文化学術研究都市推進機構」(京都府精華町)は17日、ごみを高温の水蒸気で分解することでCO 2排出量を通常の20分の1程度に抑える処理システムの実証実験に成功したと発表した。発生する可燃ガスも発電に利用し、ごみ収集の電気自動車に供給できる。機構によると、水蒸気によるごみ処理システムは世界初で、実用化にもめどがついたという。

 システムでは、ごみに無酸素状態で800度の水蒸気を吹き付け、可燃ガスと炭化物に分解する。

 実験では、精華町の45世帯に協力してもらい、生ごみなどの可燃ごみ45キロを利用。30立方メートルの可燃ガスと4・5キロの炭化物に分解された。ガスからは9キロワットの電力が得られ、太陽光電力と合わせて計10・5キロワット(走行距離約30キロ分)をごみ収集車に供給した。炭化物は土壌改良材や吸湿剤などに利用される。

 設備を拡大するなどすれば、各自治体での実用化も可能。施設整備費や維持管理・運営費も通常のごみ処理施設の8割程度で済み、ダイオキシンも発生しないという。今後、プラスチックを混ぜるなどして今月末まで実験を繰り返し、データを詳細に分析する。

 京都府は実験結果を見極めながら、府内の各自治体に働きかけ、早ければ24年度にも実用化を目指したいとしている。府によると、10万人規模の都市のごみ処理施設では、通常1日100トンのごみを処理し、27トンのCO 2が発生しているという。

【関連記事】
ヤンマー、生ゴミ処理機を発火の恐れで再リコール 2機種約2万台
事業系ごみ処理料値上げ先送りへ 大阪市
ごみ収集「レジ袋禁止」苦情殺到で方針転換 浜松市
宝塚汚職 前市長の公判結審、判決は10月1日
ペットボトル再利用制度ピンチ 中国景気に振り回される

「おもちゃドクター」全国で活躍中 安全に配慮、子供の夢つなぐ(産経新聞)
県内産日本酒で統一ブランド=熊本〔地域〕(時事通信)
子ども手当法案が参院で審議入り 月内成立へ(産経新聞)
<火災>1人暮らし69歳?死亡 兵庫・宝塚(毎日新聞)
枝野大臣が検察の捜査批判、検証必要と指摘(読売新聞)

<誤認逮捕>器物損壊容疑で別の男性を 鳥取県警が陳謝(毎日新聞)

 鳥取県警捜査1課は16日、車のガラスを割ったとして同県米子市の20代の男性会社員を器物損壊容疑で誤認逮捕していたと発表した。

 発表によると、14日午前2時過ぎに110番通報があり、警察官が米子市内の現場に駆け付けた。フロントガラスなどを割られた車の運転手から事情を聴いたところ、現場にいた男性を指し「助手席に乗り込んでガラスを割った」と話したため、男性を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。男性は「身に覚えがない」と反論したという。

 逮捕後、複数の目撃者から事情を聴いたところ、ガラスを割ったのは、それまで男性と一緒に飲酒していた別の男だったことが判明。同日午前2時46分に逮捕された男性は午前5時に釈放された。

 枡本慎二・捜査1課長は「指導を徹底し、再発防止に努めてまいりたい」と陳謝した。【遠藤浩二】

【関連ニュース】
万引き:40代女性を誤認逮捕 東京・足立
誤認逮捕:万引き容疑で女性を 警視庁、裏付け捜査不十分

「被害者の恐怖や痛みを味わい死んでほしい」涙声で極刑を求める証人(産経新聞)
<将棋>16日から王将戦第6局 久保初の獲得か羽生粘るか(毎日新聞)
小林議員、13日にも参考人聴取=違法献金の認識問う−札幌地検(時事通信)
ジェネリック医薬品で負担減 患者、病院ともにメリット(産経新聞)
荒れる日本、転倒・スリップ221人けが(読売新聞)

<スナメリ>海遊館に登場 ニッコリ“初笑い”(毎日新聞)

 大阪市港区の海遊館に12日、スナメリが初お目見えした。08年に三重県の鳥羽水族館で生まれたオスの2頭で名前は「コチョボ」と「クリン」。海遊館が借り受け、開館20周年記念として一般公開した。

【スナメリ】名古屋では住宅街の川で見つかり 保護される

 スナメリはネズミイルカ科で瀬戸内海など沿岸部の水域を好み、大阪湾にも生息。笑顔のように見える顔が人気がある。海遊館によると国内の水族館で一般公開するのは6カ所目という。首を上下させながら愛くるしく戯れる2頭の姿に、来館した子どもたちも大喜びだった。【遠藤孝康】

【関連ニュース】
【写真特集】海遊館ではこんなイベントも サンタダイバーも登場 冬のイベント華やかに
【写真特集】水辺の生き物たくさん 毎日水族館
【写真特集】かわいい動物いっぱい 毎日動物園
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界

大阪・堺で倉庫火災、2人けが(産経新聞)
民主・藤田氏、米紙批判に「発言を歪曲され心外」(産経新聞)
<虐待容疑>搬送の女児が死亡 大阪府警が両親から事情聴く(毎日新聞)
<日弁連>会長選再投票は10日 都市対地方の構図で激戦に(毎日新聞)
民主・小林千代美衆院議員、「聴取の要請があれば受けたい」(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 比較
無料ホームページ
債務整理
探偵
副業
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM